より快適な、新しい暮らしのために広浜建材株式会社

会社沿革

昭和44年 富山県魚津市港町にて創業。
吉田工業株式会社の協力企業としてアルミッサシの加工、組立の製品作りを開始。
同年魚津市仏田に魚津工場新設。
昭和50年 黒部市岡に黒部工場を増設。
昭和54年 広浜建材株式会社を設立。資本金2,000万円
昭和56年 生産部門にコンピュータを導入。QC活動導入。
昭和58年 魚津市川縁に魚津本社工場(現第二工場)を新設。
昭和59年 地元営業部門を分離し「株式会社広浜」を設立。資本金1,000万円。
昭和61年 広浜建材株式会社増資。資本金4,000万円。曲げ加工部門を新設。
平成3年 魚津市川縁5-7にて本社工場新設。
平成4年 日本工業規格(JIS)認証取得。
平成5年 魚津市中小企業優良モデル工場指定を受ける。
平成8年 生産部門に新コンピュータシステムを導入。
平成9年 住宅用建材の拡販を目指し、富山営業所を開設。
平成16年 新潟営業所シンケンを開設。
平成17年 ISO 9001認証取得。
平成19年 サッシ協会入会。
平成20年 日本工業規格適合性認証取得。
平成23年 MADOショップ魚津店オープン。
平成24年 展開システムYKK AP be-ONEシステム導入。
ビル新商品EXIMA31製作開始。
平成25年 社長交代により
広浜茂貞 代表取締役会長 就任
広浜茂喜 代表取締役社長 就任

ページ先頭▲